So-net無料ブログ作成

wavy70FD紹介 [微軟謎(MSX)]

 某巨大SNSで「MSXべーしっ君」のことが話題になっていたので、久々に我が愛機、wavy70FDを引っ張り出した。ついでに少々写真を撮ったので紹介する。

 えーと、1行目について、はじめにまず解説を。

 「MSXべーしっ君」とは、MSXのBASICコンパイラで、ASCIIが発売していたもの。
 wavy70FDとは、三洋電機が発売していた、MSX2+の製品名。
 この2つがなぜ結びつくか、というと、wavy70FDには「MSXべーしっ君」と同等のBASICコンパイラを内蔵していたから。

 まず、wavy70FDの箱から。

 20080508_wavy-01.jpg

 ついでに、今はほとんど見ることがなくなった、アナログRGB21ピンの端子。

 20080508_wavy-02.jpg

 で、こちらがwavy70FD。実は、個人的に所有した初めてのパソコンだったりする。MSXはMSXとMSX2は多くのメーカから発売されていたが、MSX2+になると、パナソニック、ソニーと三洋電機の3メーカからしか発売されなくなってしまった。(turboRはパナソニックだけだけど)。一般的にメジャーだったのはパナソニックとソニーで、三洋電機は「第3のメーカ」的位置づけだった(値段も他の2社と比べてちょっと高かったような記憶がある)が・・・・個人的には、これが一番よいと思う。今見ても、結構格好いいと思うんだけどなぁ・・・・。

 20080508_wavy-03.jpg

 それに、なんといってもwavyは、説明書が充実していることも特筆すべきものであった。おそらくどのメーカよりもすばらしいものではなかっただろうか。

 20080508_wavy-04.jpg

 ん~、ぼろぼろだなぁ。一番上の「MSXプログラミング入門」という水色の説明書は、BASIC説明書で300ページ弱ある。こんなメモリーマップとかも書かれている。

 20080508_wavy-05.jpg

 個人的には、このあとパナソニックのA1ST(turboR)を購入したのだが、パナソニックのMSXにはこんな立派な説明書はついていなかった。いまだに、MSX-BASICに関して、この説明書は僕にとってはバイブル的存在である。ぼろぼろ具合はその証明ともいえる。


 そして、こちらが拡張BASICの解説書。先ほどの水色の説明書はMSX2までの内容しか書いていないため、MSX2+で拡張された部分と、非標準であるBASICコンパイラについては、こちらで別に解説しているのだ。

 20080508_wavy-06.jpg

 BASICコンパイラの説明(アップ)。

 20080508_wavy-07.jpg

 20080508_wavy-08.jpg


 こちらが、BASICコンパイラ用の命令語。水色の説明書もこれと同様、「動き」「書き方」「説明」が懇切丁寧に解説されている。すばらしい。

 20080508_wavy-09.jpg

 20080508_wavy-10.jpg


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 2

通りすがり

私もWAVY70FDを持っていました。
買ったのは1993年頃だったように思います。
電波新聞社のベーシックマガジンの通販ページより購入しました。
これはラーメンライス好きのKAGEさんと、ツグミさんが出てくる、
プログラミング投稿型の雑誌です。
価格は44800円くらい。WAVY70FD2は51800円と高かったです。

BASICコンパイラ内蔵であれば2ドライブの意味ってあったのですかね。
当時のPC9801はN88日本語BASICディスク用と保存用に分かれていましたよね。

こちらの記事にありますように、私もMSXプログラミング入門書が朽ち果てていました(笑)似たような朽ち果てた姿でびっくりしました。
最終的にはFDが壊れてハードオフ行きになってしまいましたけどね。

by 通りすがり (2016-01-09 20:07) 

通りすがり

自己レスします。
2ドライブのうち、1ドライブはゲームやアプリのROMディスク用ですね。
もう1ドライブは保存用ですね。PC9801と同じ用途っぽいです。
FDを読み込む時のブォーンという音が忘れられませんわ。
by 通りすがり (2016-01-09 21:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。