So-net無料ブログ作成

Diamond設定 その5 ボイス短縮ダイヤル  [掌上電脳(PDA)]

 ボタン設定とボタンでも触れた、通話キー長押しに割り当てられているボイス短縮ダイヤルは、使えるかもしれない。

 この機能は名前のとおり、今までもある機能だとは思うが、Diamondのはアプリケーション起動も出来るのがよい。

 ボイス短縮ダイヤルは、設定の個人用タブに入っている。

20081013_dim021.jpg

 起動すると、こんな画面。「ボイスタグ」タブは、設定済みのボイスタグ(録音して連絡先やアプリケーションと関連づけたものを、ボイスタグというらしい)を一覧で見ることができる。ここには、連絡先/アプリケーションの区別無く一覧表示される。ここでは、再録音、再生、削除、ファイル操作(入出力)ができる。

20081013_dim022.jpg

 「連絡先」タブでは、連絡先へのボイスタグ設定ができる。右下のマイクボタンを押すと、選択した連絡先に登録されている電話番号が表示され、録音できるようになる。連絡先に複数電話番号が登録されている場合でも、それぞれにボイスタグが設定できるようだ。

20081013_dim023.jpg

 「SIM」タブは・・・不明。

20081013_dim024.jpg

 「アプリケーション」タブは、アプリケーションへのボイスタグ設定。KTCaptの横に、怪しげな唇のアイコンが表示されているが、これはボイスタグ設定済みを表している。ここでも、ボイスタグの録音(再録音)、再生、削除ができる。

20081013_dim025.jpg

 録音ボタンを押すと、こんな感じ。

20081013_dim026.jpg

 あとは、「バージョン」タブ。

20081013_dim027.jpg

 ちなみに使い方は簡単。通話キーを長押しして、ボイス短縮ダイヤルを起動すると、こんな画面が表示される。

20081013_dim028.jpg

 ピピ・・・っと音がした後に声で入力すると起動する。

 使い勝手がいいとはいえ、人がいる前でアプリケーションを起動するためだけに「メール!」とか「キャプチャー!」とか発生するのは、少々抵抗が・・・・



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。