So-net無料ブログ作成

HYBRID W-ZERO3を触ってきた [掌上電脳(PDA)]

 昨日(1/16)、長野のウィルコムプラザで、HYBRID W-ZERO3を触ってきた。

 以前気になっていた、Xcrawlの回転により変換選択するインターフェース&テンキーとXcrawlの段差に関しては、それほど気にならなかった。思った以上に液晶部分の厚さが薄いのが大きく貢献しているのだと思う。

 液晶はLeo君と違い感圧式なので、手書き入力についても全く問題ない様子だった。個人的には、やはりこちらの方が好きだな。

 気になったのは、ウリであるはずのメニューランチャーとXcrawl。

 メニューランチャーは、ケイタイ風の操作性を実現するために導入されているようだが、挙動がいまいち。

20100116-1.jpg

 1画面に12アイテムしか表示できないので、上下8画面に切り替えることができるのだが、画面切り替え時に必ずフォーカスが左上のアイテムに移動してしまう。例えば真ん中の列でカーソル下を押していても、画面が切り替わると左上に行ってしまう。(引き続き真ん中列にいてほしい)
 上→下にフォーカスを移動しているときはまだ許せるが、下→上にフォーカスを移動しているときも同じだから困る。最上列真ん中にフォーカスがある状態でカーソル上を押すと、上の画面の左上にフォーカスが行ってしまうのだ。(この場合、上の画面最下列の真ん中にフォーカスが移動してほしい)
 また、この画面でXcrawlを使うと、フォーカスは上下にしか動かないのも『う~ん』ってカンジ。WM6.5のデフォルトのメニュー画面ではXcrawlを右回りにすると、フォーカスが右上→左下方向に動いていくのに、メニューランチャでは真下に移動していくだけだ。(カーソルとして使えば上下左右はできるけど)

 そしてそのXcrawl。僕はアドエスを使ったことがないから分からないけど・・・こんな感じでOKなのか?IEでXcrawlをぐるぐるさせた場合、画面上に何故かマウスカーソルらしきモノが現れ(カーソルの上下左右で移動可能)、さらに回していると画面がスクロールする。何か、かなりグルグルしないと画面がスクロールしないんだけど(ここら辺の感度は調整可能なのかもしれませんが)
 デフォルトのメニュー画面でも、Xcrawlで呼び出し機能が選択できるのだが、1周させないと機能が切り替わっていかないのは、ちょっと面倒だった。

 普通のケイタイっぽく、ということでこのスタイルにした割には、結局画面を触らないとどうしようもないところが結構残っているのも、中途半端感が否めない。

 添付のソフトウェア群はなかなかのモノだったので、惹かれるところはあったが、縁がないようだ。


 さて・・・・どうしようかなぁ。


 また、これは長野店だけかもしれないが、HYBRID W-ZERO3のWILLCOM CORE 3Gを使うことができなかった。IEを試していたとき、明らかに遅かったので、店員に確認すると、3Gの設定をしていないとのこと。1/14からホットモックが触れる状態じゃなかったの?と聞いてやろうとも思ったが、そこはこらえた。
 結局、30分くらいカウンター越しに格闘していたが、そうしようもなくなったのか、ハードリセットをかけていた。ふと覗くと、どう見てもSIMが入っていない様子。その点を指摘すると慌ててSIMを挿入し、また格闘。シャープにまで電話してさらに30分がんばってくれたが、結局使えず・・・・何なんだろうねぇ。
 そもそも長野店は、店内で自由に触れる状態ではなく、店員に尋ねるとカウンターから出してくる&店員の監視の下で触らなければならない・・・以前、名古屋のウィルコムショップで03を触ったときは、他の端末と同じく店内にディスプレイされてて、自由に触れたのだが・・・。
 ただでさえ、経営状態について世間を賑わせているのに、この対応では・・・と思ってしまった。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。